WIN5の「共同購入」が出来る競馬サイト

2019年の重賞コースの会員募集について

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今年も、本日で終了で読者の方もご多忙のことかと思います。

今回は、2019年の重賞コースの会員募集についてお話します。

2019年のJRAの重賞レース(障害レース除く)は、全部で139レースあり、この139レースが配信対象となります。

2018年は夏から10月中旬までは比較的好調でしたが、秋天を境として11月、12月は散々な結果となりました。

2019年は、このような結果となっては非常にまずいと感じております。

競馬に関しては管理人は馬鹿ではないので、今年の結果を踏まえて、2019年にどうしたら良い結果が出せるのかを分析していますが、古くからの読者の方は、2015年と2016年は、◎○の2頭から流す「3連複勝負」で、2年連続してプラス収支になったことを覚えているかと思います。

印を通常は8頭多いときは9頭、10頭に打っていたため、2017年は堅いレースが多く、マイナスになったため、2018年は馬連・ワイドを中心にして馬券を組み立ててきましたが、不確定要素の多い競馬なので、アクシデントにより不的中になることも多く、馬連・ワイド中心の買い目では年間プラス収支は厳しいと実感しました。

そこで、競馬は「確率論のギャンブル」であるという大原則に則り、買い目を考えてみました。

グレード制が導入された86年以降の、JRAのレースで、クラスを問わず、「不変の事実」であるのが、競馬は「確率論のギャンブル」であるということです。

皆さんは、1~3人気の馬が少なくても1頭、3着以内に入る確率をご存知でしょうか?
それは、93%です。

では、1~3人気の馬が少なくても2頭以上、3着以内に入る確率をご存知でしょうか?
それは、55%です。

では、1~3人気の馬で、1~3着を独占する確率をご存知でしょうか?

それは、7%です。

では、1~3人気の馬が、1頭も3着以内に入らない確率をご存知でしょうか?

それは、7%です。

上記をまとめると3連複の配当の割合は以下の4パターンとなります。

パターンA:1~3人気の馬1頭+4人気以下の馬2頭で決まる確率は、38%

パターンB:1~3人気の馬2頭+4人気以下の馬1頭で決まる確率は、48%

パターンC:1~3人気の馬で決まる確率は、7%

パターンD:4人気以下の馬で決まる確率は、7%

上記を見ればわかる通りに、1~3人気の馬が少なくても1頭、3着以内に入る確率は93%ということは、◎○は大原則として1~3人気から選んだ方がいいということです。
なぜならば、4人気以下の馬で決まる確率は、わずかに7%だからです。

そして、1~3人気の馬が少なくても2頭以上3着以内に入る確率は55%ということは、本命サイドのレースならば、◎○のワイドの的中確率は非常に高くなるということです。

ということで、2019年の重賞レースの◎○は大原則として1~3人気の中から選ぶことにして、2019年は、2015年と2016年にプラス収支になった「3連複勝負」を改良した買い目で勝負したいと考えています。

ここからが【重要】ですが、具体的にどういう買い目になるかというと印を打つ馬は「6頭(◎○▲△☆★)or7頭(◎○▲△☆★注)」になります。

6頭の場合の買い目は、「3連複◎ー○▲△☆★の10点、○ー◎▲△☆★の10点、ワイド◎○10点の合計30点」。

7頭の場合の買い目は「3連複◎ー○▲△☆★注の15点、○ー◎▲△☆★注の15点、合計30点」。

買い目について説明すると印を打つ馬が6頭の場合は、◎○の2頭から流す「3連複W獲り狙い」に加えて、1~3人気の馬が2頭以上3着以内に入る確率は55%であることから「◎○のワイド」も買い目に加えるということで、この買い目は本命決着の可能性が高いときです。

7頭の場合は、◎○のどちらか1頭が3着以内に入る確率は高いものの混戦模様で、「ヒモ荒れ」を狙うというパターンです。

具体的にどんな感じなるかを見てみます。

不調の発端となった秋天の印は以下の通りでした。

◎5番スワーヴリチャード
○4番レイデオロ1着
▲9番サングレーザー2着
△10番キセキ3着
☆6番マカヒキ
★7番アルアイン
注3番ヴィブロス

◎スワーヴリチャードがマカヒキにタックルを喰らってスタート直後にレースが終了してしまいましたが、もし買い目が「3連複◎ー○▲△☆★注の15点、○ー◎▲△☆★注の15点、合計30点」であれば、以下のような感じでした。

「合計30点」

買い目:「3連複◎-〇▲△☆★注の15点、〇—◎▲△☆★注の15点」

結果は、〇▲△で決まり、3連複6,420円が的中!

28日のホープフルSは、馬連勝負で、2着アドマイヤジャスタが抜けてしまったので、不的中になりましたが、仮に6頭に印を打っていたらこんな感じでした。

◎サートゥルナーリア1着
〇ニシノデイジー3着
▲ブレイキングドーン
△アドマイヤジャスタ2着
☆ ヴァンドギャルド
★ミッキーブラック

「合計30点」

買い目:「3連複◎-〇▲△☆★の10点、〇—◎▲△☆★の10点」「ワイド◎○の10点」

結果は、◎○△で決まり、3連複1130円×2=2260円とワイド250円×10=2500円、合計4760円が的中!

以上が、現在、考えている2019年の重賞レースの【モデル購入】(買い目)です。

無理やり高配当は狙わずに、ヒモ荒れで高配当を狙うスタイルで、トリガミもかなり少ないはずです。

2019年の重賞コースについてお伝えしましたが、「百聞は一見に如かず」という諺がありますので、読者の皆さんにも、体験してもらってから具体的な会員募集をしようかと考えております。

詳細については、次回の更新でお伝え致します。

最後に、京都金杯の本命候補をお伝え致します。

それは、ズバリこの馬人気ブログランキングへ

当サイトのブログ紹介文(67位前後)の最初で公開しています。

最後に1日1回応援クリックお願いします
↓↓↓

中央競馬ランキング

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© WIN5研究会 , 2018 All Rights Reserved.